気候風土と生産対策・安全対策

 

美味しいお米のための、清らかな水と昼夜の寒暖差が大きい盆地型気候。
恵まれた気候風土で育ったお米を厳格な検査をしたうえで、
山形ブランドをお届けしていきます。

山形の気候


清らかな水と昼夜の寒暖差が大きい盆地型気候。


清らかな水と豊かな土壌が良質米を育む

山形県は、奥羽山脈などの山々が、オホーツク海や太平洋からのヤマセ(冷たい風)の侵入をさえぎるため、冷害が起こりにくく、山々からの雪解け水は「最上川」の清らかな流れとなり大地を潤し、水稲栽培に適した肥沃な土壌が理想のお米を作ります。

清らかな水と豊かな土壌が良質米を育む図

 

全国の良食味米には、山形で誕生した2種類の米のDNAが引き継がれています

現在、良食味と評価されている品種の血筋をたどると、その先祖には「亀ノ尾」、「森多早生」という品種にたどりつきます。両品種とも山形県庄内町(旧余目町)で誕生しています。
「亀ノ尾」は、安定多収・良質良食味米と評判になり全国に普及。「森多早生」は、短稈・早生・耐肥性・多収・良質という「農林一号」の母となり、良食味品種の双璧とされるササニシキとコシヒカリが誕生しています。

昼夜の寒暖差がお米を美味しくします

農産物のうまみを大きく左右するのは昼夜の寒暖差、お米も例外ではありません。稲作にもっとも大切な7月〜9月中旬の昼夜の寒暖差が大きい山形では、太陽の光を十分に受けた稲が、涼しい夜においしさと栄養をじっくり米粒に蓄えます。

昼夜の寒暖差が大きく稲作に適した山形の気候(2013年最高、最低気温の推移)

 

生産対策


食味の向上と安定生産には、安全性を備えた「土づくり」の取り組みがあります。


高品質・良食味米生産のためのケイ酸を含んだ土づくり資材

稲が必要とする養分の中で、農家が肥料として施す養分(窒素・リン酸・加里)のほか、不足しやすい養分を補給します。また、安定した高品質・良食味生産の取り組みとして「JA活力ある土づくり連絡協議会」で構成された「土づくり実践集団」により、ケイ酸普及に取り組んでいます。


良質な堆きゅう肥の有機物で作る理想の土壌

土の中の空気や水の通りを良くするため、土の構造を団粒構造にします。そのためには、土の粒子を結びつける腐植が豊富に含まれていることが必要なため有機物を施します。

特別栽培米等の普及・拡大

JAグループ山形では、良質米の産地として"食べる人と環境にやさしい米づくり"を目指し、農薬・化学肥料の使用を通常の半分以下に抑えた特別栽培米等の取り組みを行っています。

特別栽培米等の普及・拡大

山形県の地域別品種作付け構成(26年産実績)

山形県の品種作付け構成の推移図

 


安全対策


厳格な検査をしたうえで、山形ブランドをお届けしていきます。


農作物の安全検査

JA全農山形では、農作物安全検査室を設け、農薬の残留基準のポジティブリスト制度(例外的に使用、残留などが認められる一覧表)の遵守のため、残留農薬の検査を実施しています。
平成27年度は450検体の検査を計画しており、積極的に安全性の立証につとめています。


残留農薬検査・DNA鑑定数

コンタミ(異品種や異物混入)防止の徹底

異品種混入防止対策として、DNA鑑定を行い信頼確保につとめています。また、栽培管理記録簿の記帳を徹底し、コンタミ防止対策として、種子から出荷までの各段階での指導を行っています。平成27年度は800検体のDNA鑑定を計画しています。


「種子更新率」100%への取り組み

本物志向のニーズに応えるべく、品種の純粋性を保つため、「種子更新率」100%の達成に取り組んでいます。また、証明書等の保管を促し、"素性のわかる種子"の使用を徹底しています。


公正な等級格付け検査

JAグループ山形では、国の農産物検査員登録を受けた多くの民間検査員が活躍しています。
そして、今後さらなる養成および技術向上をはかるため「JAグループ山形農産物検査連絡協議会」を設立し、生産者や消費者の信頼が得られる公正な農産物検査を実施しています。


このマークが安全・安心のガイドラインに沿った証しです

「本当においしいお米をつくりたい!」という、こだわりが生んだ米。
 安心・安全のガイドラインに沿って生産しています

特別栽培米

特別栽培米

(公財)やまがた農業支援センターが認証するガイドライン表示にもとづいて栽培された特別栽培米。

マイルド栽培米

山形マイルド栽培米

農薬を40%以上削減して栽培されたお米。

庄内型特別栽培米
げんきくん

庄内型特別栽培米/げんきくん

(公財)やまがた農業支援センターが認証する「特別栽培米」要件に加えて、良質な完熟堆肥の5か年以上継続施用を必須条件とする特別栽培米。

全農安心システム米

全農安心システム米

生産・加工・流通の履歴情報の確認、第三者による認証が可能なお米。産地と取引先間で事前協議し、合意のうえで生産・販売に取り組むシステムです。

 

 

集荷・保管対策


JAグループ山形集荷目標470万俵を設定し、JAグループ一丸となって達成に向け努力してまいります。


集荷向上を目指して

◎集荷力アップのために、精度を高めた最大水準での概算金の設定につとめます。
◎大規模生産者のニーズにもとづく新たな流通戦略を構築します。
◎JA別の実態に応じた集荷事情に対応する支援を実施します。
◎出荷にかかる生産者の労力コスト削減につとめます。


ブランド確立キャラバン活動の実施

平成26年産に引き続き、「やまがたの米ブランド確立キャラバン隊」を結成し、管内全域の圃場を中心にキャラバンカーで巡回、平成27年産米の系統集荷拡大に向けて、集荷推進をはかっております。

連合農業倉庫(本会所有倉庫)の設置状況

高品質を保つ保管技術
厳しい農産物チェック体制

「山居倉庫」に象徴される昔ながらの保管技術に加え、近代的なカントリーエレベーターやライスセンターといった施設を活用し、お米を「籾」の状態で保管することで、 お米を一番おいしい状態でお届けしております。
また、農産物検査法の規格規定にもとづいて、適切かつ厳格に検査を行い、1等〜3等米、等外米に格付けしています。さらに、含有水分が15%を超えないよう徹底し、検査証明書欄への記載・押印についても入念に確認しています。

連合農業倉庫(本会所有倉庫)の設置状況

山形県内の共同乾燥貯蔵調製施設の設置状況

 

やまがたのお米(山形米・庄内米・はえぬき・つや姫)コンテンツメニュー

 

毎月5日はごはんの日
ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ