やまがたの新ブランド「つや姫」

 

やまがたの新ブランド「つや姫」
日本一を誇るブナの原生林が育む滋養に満ちた水系、
先人の知恵と四季鮮やかな山形の風土が生んだ、
わが国の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」。
その正統の系譜から、ついに新ブランド米が誕生しました。
際立つ「粒の大きさ」「白い輝き」「旨さ」「香り」「粘り」は、
ごはんそのものがご馳走。
味わうほどに至福の喜びに満たされます。
山形の農の匠が丹誠込めて育てる、
安全で、おいしさを極めた特別なお米。
日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人にお届けします。

 

「つや姫」美味しさの証明

 

フード・アクション・ニッポン アワード プロダクト部門 最優秀賞受賞!

つや姫|最優秀賞受賞

精米された「つや姫」は、「美しいつやのある白さ」「ふっくらした粒」「姫の名にふさわしい美と品位」など、美味を感じさせるものです。この名称は、このお米の特性がよく表されており、女性の好感度が極めて高い調査結果がでています。

つや姫米袋

 

「亀ノ尾」をルーツとする良食味のお米「つや姫」

つや姫の系譜

「亀ノ尾」をルーツとして、日本で一番おいしいと言われている「コシヒカリ」を凌ぐ良食味のお米として開発されたのがこの「つや姫」。

 

コシヒカリを凌ぐおいしさ「つや姫」

つや姫のおいしさの証明

食味ランキングを実施する(財)日本穀物検定協会の食味官能試験(実際に食べてみて、食味を判断する)において、外観については「艶がある」、「粒が揃っている」など、味については「甘みがある」、「旨みがある」などの評価が得られました。旨み成分のグルタミン酸やアスパラギン酸を「コシヒカリ」など他品種よりも多く含むことが、山形県農業総合研究センター水田農業試験場と慶応大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の共同研究で分かりました。

日本一美味しいお米をめざして

 

 栽培適地

「栽培適地マップ」を定め、気象・地理条件等により選定した「最適地」「適地」で栽培しています。平成24年産米では、6,500ha(県全体の約10%相当)で栽培しています。

平成23年度 平成24年度 平成25年度(予定)
3,200ha 6,500ha 6,500ha

 生産者認定

ブランド化戦略推進本部が認定し、限定された生産者が栽培しています。つや姫生産者認定委員会は、栽培を希望する生産者の栽培条件や栽培実績を判定し、平成24年産では、約4,529人の生産者を認定しました。

「つや姫」栽培適地マップ-図

「つや姫」栽培適地マップ

「つや姫」生産者認定証-見本

「つや姫」生産者認定証

 

 特別栽培

栽培基準を有機栽培米・特別栽培米等に限定し、安全・安心な栽培体系に取り組んでいます。

化学肥料・窒素成分量
(N:kg / 10a)
農薬有効成分
散布回数(延べ数)
3.56kg以下 10回以下

 品質基準

新たに全JAに食味計を導入し、県下全域でのタンパク値による品質基準を定めています。葉色診断・食味計による検査を実施し、適合したものだけを「つや姫」として出荷しています。

24年産出荷基準 玄米粗タンパク質含有率
ウェット15%換算 6.4%以下
乾物換算 7.5%以下
(食味分析計による確認)
有機栽培米・特別栽培米などの標記のある田

有機栽培米・特別栽培米などの標記のある田

食味計による品質検査

食味計による品質検査

 

やまがたのお米(山形米・庄内米・つや姫)コンテンツメニュー

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ