山形の理想的な米づくり


恵まれた山形の気候風土を活かした米づくり

 

おいしい米作りに最適な山形の気候風土

美味しい米作りに最適な山形の気候風土

肥沃な土壌と豊かな水

内陸地区は、東側には奥羽山脈が連なり、オホーツク海や太平洋の北東方面から吹き付ける冷たい風(ヤマセ)の進入をさえぎるため、冷害が起こりにくい土地環境にあります。北から最上・村山・置賜の各盆地が並び、おいしい米づくりに適した盆地型生育環境となっています。

庄内地区は、北にそびえる秀峰「鳥海山」と南に位置する霊峰「月山」に囲まれ、中央を山形県の母なる川「最上川」が流れています。肥沃な土壌と豊かな水に恵まれており、古くから良質米の産地として知られ、水田面積は庄内平野の約7割を占めます。

 

昼夜の寒暖差

農産物のうまみを大きく左右するのは昼夜の寒暖差、お米も例外ではありません。稲作にもっとも大切な7月~9月中旬の昼夜の寒暖差が大きい山形では、太陽の光を十分に受けた稲が、涼しい夜においしさと栄養をじっくり米粒に蓄えます。

母なる川 最上川

四方を山々に囲まれた山形県は、雪解け水を満々と湛える水の宝庫でもあります。それらは最上川をはじめとする水系となって大地を潤し、おいしいお米を育んでいます。

昼夜の寒暖差が大きく稲作に適した山形の気候

〔気象庁「気象統計情報」より 山形2011年(月ごとの値)気温〕

お米を育む山形の母なる川、最上川

美味しいお米を育む山形の母なる川、最上川

 

米作りへのこだわりとたゆまぬ努力

 

良質良食味の生みの親、阿部亀治氏生誕の地

稲の花

うまい米のルーツは山形

明治26年(1893年)、庄内町(旧余目町)の阿部亀治氏が育成した「亀ノ尾」は、安定多収・良質良食味と評判になり全国に普及。その後多くの品種改良の交配母本とされました。

日本を代表する「うまい米」といわれる品種のほとんどが、この「亀ノ尾」をルーツとしています。

 

こだわりの土づくり

山形の水田は水の浸透性に優れ、稲の根が下層土まで深く伸びる恵まれた土壌です。加えて、生産者が稲わらや堆肥などの投与、肥料の施用などを行うことで、食味向上につながる土づくりに熱心に取り組んでいます。

熱い思い たゆまぬ努力

山形県は全国でもトップクラスの農業県。その背景には、冷害に強い品種への辛抱強い改良研究など、多くの先人たちの努力がありました。「どこよりもおいしい農産物をつくる!」そんな農業にかけるひたむきな山形県人気質は、現代の生産農家にもしっかり受け継がれています。

土づくりへの熱心な取組みがおいしいお米の源

土づくりへの熱心な取組みもおいしいお米の源

伝承される農業へのひたむきな山形県人の気質

伝承される農業へのひたむきな山形県人の気質

 

やまがたのお米(山形米・庄内米・つや姫)コンテンツメニュー

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ