米・野菜・果物の出荷体制

安全・安心な農畜産物をお届けするための、JAグループ山形の責任ある「米・野菜・果物の出荷体制」をご紹介します。


生産部会の認定・登録

JAグループ山形では、安全な農作物を栽培する出荷集団(生産部会)を認定し、登録しています。

認定された生産部会は青果ネットに生産情報を入力し、カタログNo.を取得しています。

残留農薬の自主検査

登録された生産部会が出荷する農作物は、JA全農山形安全検査室で、出荷前に残留農薬の自主検査(サンプル抽出検査)を実施し、異常値が検出された場合は、出荷停止します。
残留農薬自主検査による安全確認の流れ」については下図をご覧ください。)



青果ネットカタログ米・野菜・果物の出荷体制における生産部会の情報の確認については、(財)食品流通構造改善促進機構が所有し、(独)食品総合研究所及び農林水産研究計算センター (農水省)の協力により運用している公的データベース「SEICA」のデータを活用しています。

 


 

残留農薬自主検査による安全確認の流れ

残留農薬自主検査による安全確認の流れ〔図〕


登録された生産部会が出荷する農作物は、JA全農山形安全検査室で、出荷前に残留農薬の自主検査(サンプル抽出検査)を実施し、異常値が検出された場合は、出荷停止します。

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ



ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ