牛乳・乳製品利用 料理コンクール2019-山形県大会(JA全農山形)

令和元年度 牛乳・乳製品料理コンクール in 山形県大会を開催

  • 作品01
  • 作品02
  • 作品03
  • 作品04
  • 作品05
  • 作品06
  • 作品07
  • 作品08

 

牛乳・乳製品利用料理コンクール2019|写真1

牛乳・乳製品を様々なアイデアでアレンジ!

牛乳・乳製品利用料理コンクール2019|写真2

審査員が調理の様子もチェックします。

牛乳・乳製品利用料理コンクール2019|写真3

最優秀賞を受賞した須藤さんの作品。とってもおいしそう♪

牛乳・乳製品利用料理コンクール2019|写真4

出場者のみなさん、お疲れ様でした!


入賞作品のレシピも公開! ぜひお試しあれ♪

開催日時
令和元年 10月19日(土)
開催会場
山形調理師専門学校(山形市六日町7番42号)

山形県牛乳普及協会(事務局=JA全農山形)は10月19日、山形調理師専門学校で「牛乳・乳製品料理コンクール」の実演審査会を開催しました。

同審査会は、11月9日に宮城県仙台市で開かれる東北大会の出場権をかけた山形県大会。
牛乳・乳製品を料理に取り入れ、消費拡大を図るために1979年から実施されており、今年で39回目となります。

応募総数177点の中から、書類審査を通過した8人が今回の実演審査に挑み、須藤真由さん(山形県立山形東高等学校)の「ミルクdeブイヤベース風スープ、麩のガーリックトースト添え」が最優秀賞の山形県知事賞に輝きました。
また、次点の優秀賞は伊藤碧子さん(同校)が受賞し、ともに山形県代表として東北大会に出場します。

審査委員長である公益社団法人山形県栄養士協会の西村恵美子会長は「最優秀賞に輝いた料理はフランスパンの代わりに県の特産品である麩を使うなど、食材へのこだわりやアイデアが素晴らしかった。さらに工夫を加え、東北大会に臨んでほしい」と講評を述べました。 

「牛乳・乳製品料理コンクール」入賞作品8点のレシピは、当ホームページで掲載中!
ぜひご家庭で試してみてくださいね!

「牛乳・乳製品利用料理コンクール 応募要領」の詳細はこちら。

 

 

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ