牛乳・乳製品利用 料理コンクール2012-山形県大会(JA全農山形)

牛乳・乳製品利用 料理コンクール 2012が開催されました

  • 作品01
  • 作品02
  • 作品03
  • 作品04
  • 作品05
  • 作品06
  • 作品07
  • 作品08
  • 作品09
  • 作品10


牛乳・乳製品利用料理コンクール2012|写真1

手際よく調理していきます

牛乳・乳製品利用料理コンクール2012|写真2

審査員による試食のようす

山形県牛乳普及協会は11月3日、「平成24年度 牛乳・乳製品利用料理コンクール山形県大会」を開催しました。

このコンクールは、日常の食生活の中に牛乳・乳製品をより活用してもらい消費拡大を図ることを目的に毎年開催されており、今年で33回目となる歴史あるコンクールです。

当日の実演審査では、応募総数197点の中から選ばれた10作品をそれぞれの考案者が実際に調理を行いました。その結果、審査員の古田久子さんから「おいしい上に手軽にできる点が良かった」と評価を受けた、山形県立山辺高校3年の川村春佳さん考案の「めんつゆと牛乳で冷やし担々麺」が最優秀賞・山形県知事賞を受賞しました。この作品は、牛乳とめんつゆを混ぜ、ラー油とすりごまを入れたまろやかな味わいのスープが特徴です。

ぜひ参考にしていただき、牛乳・乳製品を使った新たな料理を作ってみてはいかがでしょうか。

また、山形県大会に出品された全10作品のレシピも紹介いたしますのでご覧下さい。
沢山のご応募、誠にありがとうございました!
「牛乳・乳製品利用料理コンクール 応募要領」の詳細はこちら。

 

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ